日々のこと

成長

「産まれた〜!」と思うのは商品が完成したときではなく、商品を思いついたときです。
.
子供を出産した経験も、育て上げた経験もないですが、産まれた商品を社会に出すため内面や外見、個性や特徴を成長させます。
.
育つ間は親目線なわけではなく、本人目線でどうやって社会に出るか考えます。
.
自分の特徴は何に秀でているのか見極めて財布になることを目指したり、通帳カバーとして生きていくことを決心したり。
.
親目線としてはできるだけ多くの人に愛されてほしいとこですが、本人が選んだ道に進むことが何よりだとも思っています。

.
画像のこの子はコンパクトサイズな財布と普通の2つ折りサイズの財布の中間ぐらいのとてもニッチな業界へ進むことにしたようです。
心配しかないですががんばって欲しいです。
.
そして今現在はバッグ業界へ入りたい子が一生懸命がんばっているところです。
無事に巣立ってくれることを祈るばかりです。