革を雨に濡らしてしまった時の対処法

革のバッグを使っていて、突然の雨や大雨でバッグを濡らしてしまったら?

大雨にあってしまい酷くバッグなどがぬれてしまった場合、ぬれた部分が乾くとその部分だけシミとして残ってしまう場合が稀にあります。 (弱い雨の場合は何も残らないことがほとんどです)
シミになるのを防ぐには敢えて全体を湿らせてしまいます。 ぬれて色濃くなった部分を塗りつぶすように、 濡らした布などで全体が色濃くなるように湿らせてください。 (強くこすると色落ちしてしまいますので軽く拭いてください。) 革を湿らすことに抵抗があるかもしれませんが、そもそも革をつくる工程でも水に浸けたりしていますので大丈夫です。
全体を湿らせたら自然乾燥で乾かします。こうすることで部分的にシミが残るということはほとんど無くなります。 水分が乾くにつれて革の油分も飛んでしまいますので乾いた後のオイルケアは大切です。

大雨に降られない限り、雨でシミになってしまうことは少ないです。 もし、シミになってしまった場合、特に新品に近い状態だと目立って気になってしまいますが、使い込むことで目立たなくなりアジになってきます。 また、使い込むことで表面に革の油分が浮き出てきて油膜となり、多少の撥水効果も出てきます。 雨への対策としては防水スプレーなどもありますが、使い込むことがいちばんの対策かもしれません。